一ノ瀬ワタル / 俳優・元格闘家

Thailand

タイ

覚悟がなければ、逃げ出していた
一ノ瀬ワタルの修業の地、タイ

俳優・元格闘家・一ノ瀬ワタルさん

一ノ瀬ワタル / 俳優・元格闘家

※写真はGoogle Pixelで撮影しています。

2023年、配信ドラマ『サンクチュアリ -聖域-』で一躍スターになり、日本にとどまらず世界的にその名を轟かせた規格外の俳優、一ノ瀬ワタル。無骨ながらも観る者すべての心を揺さぶる演技と、圧倒的なまでの存在感で画面を占拠する彼は、かつて格闘家を目指していた。出身は佐賀嬉野。中学を卒業後、格闘家を目指し、上京。しかし、仕事との折り合いがつかず頓挫し、沖縄のキックボクシングジムへ。内弟子として練習に励み、その後、師匠に勧められるがままキックの本場・タイへ。目指したのは、バンコクから車で1時間のナコンパトム県。そこで、見聞きしたものや出会った人たちが、彼の運命を変えたという。過酷で劣悪な環境は百も承知。その上で選ぶのはいつだって、いばらの道。それが宿命と信じていた。この地を訪れてなければ、“俳優 一ノ瀬ワタル”は、存在しなかったかもしれない。格闘家としては負けた。しかし、新天地で花を咲かせた男が、18年ぶりに自身の人生の聖域をめぐる。
JOUR
NEY

War Sinsanage Gym

ウォー・シンサネージム
一ノ瀬さんが住み込みで修業をした場所

格闘家を目指す若者たちが切磋琢磨しながら練習に励んでいた、ナコンパトム県にあるジム。一ノ瀬さんは、沖縄のキックボクシングジムの師匠に勧められ、単身でこのジムへ。現在は閉業してアルミ加工の工場になっているが、当時の外観や看板などが残っている。食事は1日2食だったため、お腹が空いた時には裏の池で魚やカエルを獲って食べていたそう。ジムの近くには会長のウィナイ・シンサネー氏のお墓があり、一ノ瀬さんも墓参りをした。

Hua Lamphong Station

一ノ瀬さんの思い出の駅

100年以上に渡りタイの人や観光客に親しまれている、バンコク最大で最古のターミナル駅。正式名称は「バンコク駅」。ドイツ・フランクフルト駅をモデルにデザインされたという駅舎が特徴的。一ノ瀬さんはタイに住んでいた時に、気分転換でこの駅から電車で12時間かけてラオスに向かった。ラオスとの国境のノンカーイ駅まで、当時は椅子タイプの3等席で移動していたが、ロケでは初めて2等席の寝台列車に乗車。快適な旅を楽しんだ。

Hua Lamphong Station

フアラムポーン駅

Rong Mueang Rd, Rong Muang, Pathum Wan, Bangkok

Mekong River

人々の暮らしと文化を育む
偉大なる大河

全長約4,900kmにも及び、ミャンマーとラオスの国境、タイとラオスの国境、カンボジア、ベトナムを通って、南シナ海へと流れる河川。沿岸部に住む人々の生活を支えてきたことから「母なる川・メコン」と呼ばれている。一ノ瀬さんはこの場所で、「若いうちは苦労は買ってでもしろ」という祖母の言葉を振り返った。

Mekong River

メコン川

Tambon Ho Kham, Amphoe Mueang Bueng Kan, Bueng Kan 38000

Ban Sabai Sauna

レモングラスの香りに
包まれるサウナ

最近サウナにハマっているという一ノ瀬さんが訪れた、ラオスの首都ヴィエンチャンにあるサウナ店。ラオスでは薬草スチームサウナが伝統で、こちらのお店ではレモングラス、コブみかんの葉、ユーカリの3種のハーブを使用している。一ノ瀬さん曰く、トレーニングの時もサウナを出る時も「自分の限界はどこか」を考えてしまうとのこと。

Ban Sabai Sauna

バーン サバーイサウナ

XJC5+4WJ, Vientiane,laos

Patousay

勝利を意味する
東南アジアの凱旋門

ヴィエンチャンの人気観光スポットで、ラオス語で「勝利の門」の意味を持つ建造物。内戦の戦没兵士の慰霊塔として建てられ、パリの凱旋門をイメージして作られたという一説も。インド叙事詩「ラーマーヤナ」をモチーフにした天井は必見。一ノ瀬さんも上空からの眺めと開放感を味わった。

Patousay

パトゥーサイ

XJC9+7C3 P.D.R, Vientiane

Rajadamnern Stadium

一ノ瀬さんのタイ修業で
最後にリングに立ったスタジアム

バンコクのランドマーク的存在で、世界的に有名なムエタイとボクシングの専用競技施設。1941 年に建設され、これまで数多くの名ボクサーが戦った場所。一ノ瀬さんは最後にこのスタジアムのリングに立ち、タイでの修業を終えた。ロケでは、以前写真を撮ったというスタジアムロゴの前に立ち、思わず涙を見せるシーンも。「辛かったけど今は感謝しかない」と当時を振り返った。

Rajadamnern Stadium

ラーチャダムヌーンスタジアム

8 Rajadamnern Nok Road, Wat Somanas, Pomprapsattruphai, Bangkok 10100 Thailand

聖地のリングに立ち、タイでの修業に幕を下ろした。
思い描いていたヒーロー像とは、違っていた。
それでいいのか。このままでいいのか。

自問自答を繰り返していると、運命的な出会いに導かれた。
大ヒット不良マンガ「クローズ」をベースにした映画『クローズZERO II』。
悪者を倒す、ヒーローではない。けれど―――満たされた。

そして、グローブを置き、戦いの舞台を、
リングからスクリーンへと、変えた。

険しければ険しいほど、得られるものも大きい。そう信じている。
自分しか演じられない役で、皆を幸せにする。輝かせる。

いばらの道よ、どんと来い。

俳優・元格闘家・一ノ瀬ワタルさん

一ノ瀬ワタルさん、ありがとうございました。

俳優・元格闘家・一ノ瀬ワタルさん

JOUR
NEY

俳優・元格闘家・一ノ瀬ワタルさん

一ノ瀬ワタル (いちのせ わたる)

1985年7月30日生まれ、佐賀県出身。格闘家を目指し中学卒業後に上京。仕事と格闘技の両立に励み、沖縄の真樹ジムオキナワで内弟子になる。その後単身タイに渡り、ムエタイのジムで2年間修業。帰国後、ジム館長の紹介で三池崇史監督と知り合い、映画『クローズZERO II』に出演、俳優業に興味を持つ。映画『HiGH&LOW』シリーズ、『キングダム』、『新解釈・三國志』などに出演後、ドラマ『サンクチュアリ -聖域-』で自身初主演に抜擢。日本のみならず世界的なヒットの快挙を成し遂げた。

CACHE: 2024-07-23T20:15:27+00:00