EXILE HIRO / LDH JAPAN代表取締役会長・社長CEO・CCO

Bangkok

バンコク

ここから世界を目指していく
HIRO がリスタートに選んだ街、バンコク

LDH JAPAN代表取締役会長・社長CEO・CCO・EXILE HIROさん

EXILE HIRO / LDH JAPAN代表取締役会長・社長CEO・CCO

昨年、LDH JAPAN 代表取締役社長に復帰することを発表した EXILE HIRO。彼が向かったのはタイの首都、バンコク。T-POP (タイの音楽) やドラマなど、近年、韓国に続き、タイのエンターテイメント・カルチャーが世界中から注目されている。彼は名曲「Choo Choo TRAIN」を生み出し、J-POP に数多くの影響を与えたダンス&ボーカルグループ「ZOO」のメンバーとしてデビューして以来、「J Soul Brothers」「EXILE」を経て、長年エンターテイメントの世界で活躍してきた。パフォーマーとして活動する一方で、自らが代表を務める芸能事務所を設立。そして、2013年には表舞台での活動を引退。以降、若手の育成やプロデュースに専念してきた。そんな彼が2016年頃から注力してきたのが、LDH のグローバル進出。ニューヨークやロサンゼルス、ヨーロッパにも活動拠点を作り、着々と準備を進めていた。しかし、コロナ禍でやむを得ず撤退。その後、戦略を練り直した末に新しい拠点として選んだのが、ここバンコクだ。なぜバンコクで再出発の旗を掲げたのか? エンターテインメントを追求し続ける彼が、世界へのリベンジの地・バンコクで LDH の未来への道筋を描いていく。JOUR
NEY

Chao Phraya River

バンコクの街を縦断する大きな川

タイ北部からバンコクを経てタイランド湾に注ぎ込むチャオプラヤー川。交通の要にもなっており、バンコク市内からチャオプラヤー・エクスプレスという定期船が往来している。観光客にはクルージングが人気で、王宮やワット・ポーなど川沿いの観光地を、お手頃な料金で巡ることができる。

Chao Phraya River

チャオプラヤー川

Chao Phraya River, Khlong San, Bangkok 10600

Siam Square

タイの流行を発信するファッション街

サイアムスクエアは、タイの若者が多く訪れる地区。“バンコクの原宿”とも呼ばれ、多くのアパレルショップが集まっている。その中心にある大型施設サイアム・パラゴンでは昨年、「バンコク日本博2023」が開催。日本とタイの音楽業界を盛り上げたとして LDH が特別賞を受賞し、THE RAMPAGE (ザ ランペイジ) がタイで初のパフォーマンスも行った。※ステージ写真は別日にサイアムエリアで行われたイベントの様子です

Siam Square

サイアムスクエア

1 Siam Square Soi 7, Pathum Wan, Bangkok 10330

GMM Grammy

タイ最大の
メディア・エンターテインメント企業

GMM グラミーは、タイで急成⻑しているエンタメの中心にある会社で、アーティスト・俳優のマネジメントから、音楽や映画、テレビ番組の制作、テレビ局、ラジオ局などのメディア、ショービジネス、ホームショッピングを手掛けている。アーティストの育成からデビューまでを目的としたアカデミーも運営しており、ロケでは、2023年2月までタイで武者修行を行った LDH のダンス&ボーカルグループ PSYCHIC FEVER (サイキックフィーバー) と、GMM に所属するボーイズグループが交流する場面も。

GMM Grammy

GMM グラミー

50 Sukhumvit Rd, Khlong Toei Nuea, Watthana, Bangkok 10110

JODD FAIRS Night Market

地元ならではの雰囲気を楽しめる
ナイトマーケット

2021年11月にラーマ9世通りにオープンしたナイトマーケットで、リーズナルなストリートフードや雑貨、アパレルなど様々なショップが並ぶ。賑わうのは夕方、日暮頃からで、観光客も多く訪れる。夜のライトアップでは、バンコクならではの雰囲気を満喫することができる。

JODD FAIRS Night Market

ジョッドフェアーズナイトマーケット

Rama IX Rd, Huai Khwang, Bangkok 10310

Sushi Saitoh

ミシュランの星に輝いた寿司店

香港やマレーシアにも出店する日本発の高級寿司店「鮨さいとう」。ロケで訪れたバンコク店はフォーシーズンズホテル内にあり、ミシュランひとつ星に輝いている。ここで HIRO さんはタイの人気ラッパーの F.HERO (エフ ヒーロー) さんと、主演ドラマで世界中にタイドラマ旋風を巻き起こした、タイの国民的俳優 Bright (ブライト) さんと再会。タイ、そしてアジアにおけるエンタメの未来について熱い思いを語り合った。

Sushi Saitoh

鮨さいとう

Chaophraya Estate 300 Charoen Krung Road, Yannawa Sathon, Bangkok 10120

KHUA KLING PAK SOD

南タイ料理が楽しめる
人気レストラン

バンコクに数多くある南タイ料理店の中でも、より本場風なメニューが揃う店。ロケでは LDH に所属する THE RAMPAGE、BALLISTIK BOYZ (バリスティック ボーイズ)、PSYCHIC FEVER の3組が集結し、HIRO さんと一緒に東南アジア最大級のミュージックフェスティバルに向けた決起会を開催。豚ひき肉とハーブの激辛炒め「クアクリンムーサップ」や、タイ南部のカレー「ゲーンソム・クン」などスパイシーな料理を楽しんだ。

KHUA KLING PAK SOD

クアクリン パックソッド

98/1 Pai Di Ma Di Klang Alley, Khlong Tan Nuea, Watthana, Bangkok 10110

EM SPHERE

タイ最大級の大型複合施設

アパレルショップや大型家具屋、レストランが300店舗以上、さらにイベントスペースやホールも入っているという大型複合施設。2023年12月にオープンしたばかりで、タイの新しい観光スポットとして話題になっている。1日あたり15万〜20万人が訪れるモールの最上階には、最大6000人が入る大きなライブステージがあり、HIRO さんは、このステージに立つことをタイでの第一歩にしたいと語ってくれた。

EM SPHERE

エムスフィア

628 Sukhumvit Rd, Khlong Tan, Khlong Toei, Bangkok 10110

この20年で唯一無二のエンターテインメント集団を築き上げた。
いよいよ、新たなステージへと進む時。今ここが、夢の入口。

夢を夢で終わらせやしない。日本からアジア、アジアから世界へ。
志を共にする熱き仲間たちと、見たい景色がまだまだあるから。

LDH JAPAN代表取締役会長・社長CEO・CCO・EXILE HIROさん

HIRO さん、ありがとうございました!

LDH JAPAN代表取締役会長・社長CEO・CCO・EXILE HIROさん

JOUR
NEY

LDH JAPAN代表取締役会長・社長CEO・CCO・EXILE HIROさん

EXILE HIRO (えぐざいる ひろ)

神奈川県出身。1990年にZOOのメンバーとしてデビュー。1999年J Soul Brothersを結成し、2001年EXILEに改名して再始動。有限会社エグザイル・エンタテインメントを設立し代表取締役社長に就任。2003年株式会社LDHに社名を変更。EXILEのパフォーマー兼リーダーとして、EXILEを国民的グループに押し上げる。2013年パフォーマーを勇退。2015年12月には芸術文化活動などで優れた功績を挙げた人に贈られる文化庁長官表彰を、ダンスパフォーマンスとボーカルを巧みに組み合わせた活動のほか、プロデューサーとしての活躍も評価され、日本の芸術文化の振興に貢献しているとして表彰を受ける。2017年、LDH新体制に伴い代表取締役会長に就任。2023年10月LDH JAPAN代表取締役会長兼社長CEO兼CCOに就任。その傍、すべてのクリエイティブを統括するチーフ・クリエイティブ・オフィサーとして、世界基準でのエンタテインメントの創造に情熱を注いでいる。

CACHE: 2024-04-14T06:13:48+00:00