花村想太 / アーティスト

Korea

韓国

より良いパフォーマンスを求めて
花村想太がステップアップできる地、韓国

アーティスト・花村想太さん

花村想太 / アーティスト

※写真はGoogle Pixelで撮影しています。

圧倒的な歌声とダンスで魅了する5人組ダンス&ボーカルユニット「Da-iCE」のボーカル兼パフォーマー、花村想太。持ち前の4オクターブの高音ボイスで、ミュージカルや声優など、個人としても活動の場を広げている。物心がついた頃から歌が好きだった彼。17歳のとき、歌手オーディション「a-motion’08」で7,321人の頂点に立ち、希望と絶望が交差するこの世界に入った。当時は R&B に夢中になり、がむしゃらに歌の練習に励む毎日。そして、韓国好きの友達との何気ない会話をきっかけに K-POP と出会い、ハイレベルな歌とダンスに衝撃を受けた。これが転機となり、歌だけでなくダンスにも注力するようになったという。その後、鍛錬に励んでいた矢先、大きなプロジェクトへの参加に声がかかり、それがのちのDa-iCE結成へと繋がった。しかし、デビュー後はグループのあり方を模索する日々。より良いパフォーマンスを求めて、活路を見出そうと訪れた先の一つが韓国だった。昨年、ソロ写真集の撮影で訪れ、この半年間で4回目の来訪。色々な思いを抱え何度も訪れた思い出深い地で、デビューから今に至るまでの道のりとこれからを見つめる旅に出る。JOUR
NEY

Wangjang Market

花村さんが韓国に来るたびに
必ず訪れる市場

100年以上の歴史を誇る韓国の伝統市場、広蔵市場(クァンジャンシジャン)。地元の人と観光客で賑わう人気スポット。市場内には屋台が並んでおり、様々な種類のローカルグルメを味わうことができる。花村さんは、韓国に来ると「食」が一番の楽しみだと話し、屋台グルメを堪能した。

Wangjang Market

広蔵市場

88 Changgyeonggung-ro, Jongno-gu, Seoul

Takanmari Restaurant

花村さんが衝撃を受けた
タッカンマリのお店

タッカンマリの香りに包まれながら、ディープな雰囲気を感じることができる東大門のタッカンマリ横丁にあり、芸能人もよく訪れる人気店。花村さんは、Googleレンズでメニューを翻訳し、タッカンマリとトック(餅)をオーダー。自家製ソースと一緒に味わい、改めて本場のおいしさを感じた。

Takanmari Restaurant

東大門明洞タッカンマリ本店

265-5 Jongno 5(o)-ga, Jongno-gu, Seoul

Euljiro Street

地元気分を楽しむことができる
隠れた人気スポット

人気観光エリア明洞と東大門の間に位置する乙支路(ウルチロ)。最近は隠れ家カフェやおしゃれなお店が増えており、「ヒップチロ」と呼ばれるほど若者たちに人気のエリア。「ヒップチロ」とは、英語のHIP(ヒップ)と乙支路(ウルチロ)を合わせた言葉で、お洒落なウルチロという意味だそう。日本語の看板を見つけて写真を撮ったり、お店の前で泳ぐ魚を見たり。花村さんは街歩きを満喫した。

Euljiro Street

乙支路

Euljiro-dong, Jung-gu, Seoul

Just Jerk Dance Studio Idae

花村さんがジュンホ先生と再会した
ダンススタジオ

ダンスレッスンを受けることができるソウルにあるスタジオ。ここで花村さんは「Bodyguard」の振り付けを担当してもらったジュンホ先生と再会。当時、お互いが感じていたことや、思い出を語り合った。ロケでは、練習時間たったの45分という限られた時間の中で、ジュンホ先生のレッスンを受け、6年振りに一緒にダンスを楽しんだ。

Just Jerk Dance Studio Idae

ジャスト ジャーク ダンス スタジオ イデー

Seodaemun-gu, Ewhayeodae-gil, Seoul

Korean Restaurant

繁華街の中心にある
カンジャンケジャン専門店

明洞駅から歩いてすぐにある、K-POPスターも訪れる人気店。店内には訪れた芸能人のサインや写真が飾られている。オーナーのパク・サンヒョンさんは昔、歌手として「B.O.B」という名前で活動していたそう。現在は、こちらのお店とともに芸能事務所を運営している。明洞エリアに2店舗あり、花村さんは過去に直営店を訪れたことがあるそう。とても美味しかったとのことで、今回は2号店へ。花村さんは人気メニューのカンジャンケジャンをオーダーし、スタッフと一緒に食事を楽しんだ。

Korean Restaurant

オダリチプカンジャンケジャン明洞2号店

23-16 Chungmuro 1(il)-ga, Jung-gu, Seoul

GET ALL RIGHT

花村さんが
生歌を披露したバー

食事をしながら生演奏を楽しむことができるパブリックバー。花村さんは、過去のトラウマを払拭するため自らステージに上がり、郷ひろみさんの「言えないよ」を歌唱した。

GET ALL RIGHT

ゲットオールライト(パブリックバー)

89-5 Cheongdam-dong, Gangnam-gu, Seoul

グループを結成してから立ち止まる暇などなかった。
成長のため、度々、海外へ飛び、
むさぼるように、新しいものを取り入れた。

レベルアップするためには本場を知らなければ。
ただその一心だった。

そう思い、足を運んだ海外で、
心に傷を負い、自分を見失った。

しかし、海外での経験は決して悪いことばかりじゃない。
それまで気づけなかった日本の良さを知るきっかけになった。
自分にできることは何か、進むべき方角が見えた気がした。

歌は、音楽は、花村想太の人生そのもの。
挑戦できなかった自分はもういない。
韓国という、常に自分を高められる場所があるから。

アーティスト・花村想太さん

花村想太さん、ありがとうございました!

アーティスト・花村想太さん

JOUR
NEY

アーティスト・花村想太さん

花村想太 (はなむら そうた)

1990年8月15日生まれ、兵庫県出身。5人組男性アーティスト「Da-iCE」のボーカル兼パフォーマー。4オクターブの高音ボイスが魅力で、楽曲制作も多数行う。作詞した「CITRUS」では「第63回日本レコード大賞」を受賞した。近年は舞台でも活躍。主演を務めたミュージカル『ジャージー・ボーイズ』(‘22)での演技が評価され、「令和4年度(第77回)文化庁芸術祭賞」演劇部門新人賞を受賞した。Natural Lag、UPSTARTとしても活動している。

CACHE: 2024-05-19T13:35:14+00:00